【西内まりや/モデルプレス=10月3日】歌手で女優の西内まりやが、“今メガネの最も似合う各界の著名人”に贈られる『第29回 日本メガネベストドレッサー賞』を受賞し3日、東京ビッグサイトで行われた表彰式に登壇した。

◆西内まりや、主演映画をアピール?

サングラス部門で表彰された西内は、受賞式のスピーチにて、去り際「今日はたくさんの“ハニーフラッシュ”が…じゃない、“フラッシュ”を頂いたのでサングラスを掛けるのがちょうどいいですね!」と現在公開中の主演映画「CUTIE HONEY -TEARS-」にかけた粋な挨拶を披露。

表彰式後、報道陣向けの囲み取材でそのことを突っ込まれると、「本当に偶然出ちゃったんですよね〜」とキュートに打ち明けた。

◆西内まりやのサングラスコレクション

受賞の感想を聞かれると、「今回は、サングラス私自身大好きなので本当に嬉しく思います」と喜びいっぱいにコメント。

現在30本から40本を所有し、玄関に並べて毎日服に合わせて選んでいるという日常を紹介。「流行によって形が変わっていくので、そのときの流行のものを集めて、使わなくなったらいとことかにあげてます」と明かした。

◆サングラスを選ぶコツは?

また、サングラスをかけて良かったことを問われると、「目の色素が元々薄いので、お散歩しているときは必ずかけているし、運転するときも」と回答。

「後は単純にカッコいい。自分には似合わないなって思う人も多いと思うんですけど、顔の形によって選べば似合う形は有ると思います」とサングラスを選ぶコツを伝授していた。

◆「日本メガネベストドレッサー賞」

同賞は1988年から毎年、過去1年を通じて「最も輝いていた人」そして「メガネの最も似合う人」を各界から日本メガネベストドレッサー賞として選考するもの。29回目となる今年は西内のほか衆議院議員の河野太郎氏(政界部門)、株式会社三越伊勢丹ホールディングス代表取締役社長の大西洋氏(経済界部門 ※この日は欠席)、落語家の春風亭昇太(文化界部門)、女優の広末涼子(芸能界部門/女性)、俳優でミュージシャンの及川光博(芸能界部門/男性)、女優でタレントの河北麻友子(特別賞)が受賞した。(modelpress編集部)