【新垣結衣・星野源/モデルプレス=10月4日】女優の新垣結衣が4日、都内にて行われたTBS系新火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(10月11日よる10時スタート ※初回は15分拡大)プレミア試写会・舞台挨拶に共演の星野源とともに出席した。

◆“契約夫婦”新垣結衣&星野源、お互い胸キュン

新垣が今回演じる主人公・森山みくりは、「仕事としての結婚」=“契約結婚”をすることになる職ナシ彼氏ナシ居場所ナシの25歳。相手役・津崎平匡を演じる星野源とは、すっかり打ち解けた様子で「ほぼ1日2人だよね」「楽しいよね」と終始にこやかにやりとり。「朝9時から夜12時まで。それが3日間続くんですよ!?これは幸せです」と星野が興奮気味に語ると、新垣も「濃い時間を過ごしています」と笑顔を浮かべた。

さらに、胸キュンシーンを問われ「津崎さんを看病するシーン」を上げた新垣は、「普段クールな津崎さんの弱った姿に萌えました。ギャップにキュンするんだと思います!」とコメント。一方、星野はそのシーンを鑑賞した際、「萌えているみくり」に胸キュンしたそうで「昨日観ながら手を叩いて、お前が萌えるよって言ってしまった(笑)」と笑わせた。

◆“逃げ恥”「やるからには愛されたい」

月刊「Kiss」(講談社)で連載中の海野つなみ氏の同名漫画が原作。あることがきっかけで、みくりが恋愛経験の無い独身サラリーマン・津崎平匡と「仕事としての結婚」をすることになる、“夫=雇用主、妻=従業員”という契約結婚を描いた社会派ラブコメディ。恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らすうち、徐々にお互いを意識し出す妄想女子とウブ男の契約結婚の行方を描いていく。

なお、舞台挨拶にはこのほか共演の大谷亮平、石田ゆり子、脚本家の野木亜紀子氏が登壇した。(modelpress編集部)