【トリンドル玲奈/モデルプレス=10月6日】女優のトリンドル玲奈が、6日放送の読売テレビ・日本テレビ系新ドラマ「黒い十人の女」(毎週木曜よる23:59〜)第2話で濃厚キスシーンを披露する。

◆トリンドル衝撃のキスシーン公開

ドラマは、故・市川崑監督の代表作「黒い十人の女」をリメイクし、脚本をお笑い芸人のバカリズムが手がけている。主人公を船越英一郎が演じ、トリンドルのほか、成海璃子、佐藤仁美、佐野ひなこ、MEGUMI、水野美紀ら豪華女優陣が出演。“十人の女に命を狙われる”という原作を、現代風にアレンジし、泥沼の恋愛模様をコミカルに描く。

9月29日に第1話が放送され、Twitterでは「開始7分でおもしろい」「笑いすぎてお腹痛い」「流行りの不倫ものだけどコメディー調でおもしろい」などの声が上がっていた。

第2話では、若手女優の相葉志乃を演じるトリンドルが濃厚キスシーンを披露。主人公・風(船越)の“愛人”を演じる女優陣の体の張った演技が見どころとなっている。(modelpress編集部)

■第2話あらすじ

テレビ局のプロデューサー・風(船越英一郎)には妻のほかに、受付嬢の神田久未(成海)、若手女優の相葉志乃(トリンドル)、アシスタントプロデューサーの弥上美羽(佐藤)、舞台女優・如野佳代(水野)など、9人の愛人がいた。

不倫から抜け出そうと新たな恋を見つけた久未(成海)だったが、思いもよらぬ展開に。そして、志乃(トリンドル)もまた別の男性との間で揺れ動いていた。その裏で、風を他の愛人たちと別れさせようと動き出す美羽(佐藤)…さらには、4人以外の新たな愛人も発覚。不倫女たちの愛憎劇が加速し始める。