【ダレノガレ明美/モデルプレス=10月6日】モデルでタレントのダレノガレ明美が6日、都内にて開催されたワインのコンセプトショップのイベントに出演。同棲している彼氏とのエピソードを語った。

◆ダレノガレ明美「悪魔と言われたい」

イベント内容に合わせて小悪魔をコンセプトにした衣装で登場したダレノガレは、「小悪魔と呼ばれたい?」と尋ねられると、「『悪魔』と言われたいです。『小』は付かなくていいです」とにっこり。「『小悪魔』って、女性から好かれないじゃないですか。『“小悪魔要素”あるよね!』って、結構、私は悪口だと思っています。だったら、『悪魔』の方がいいかなと思いまして」と真意を明かした。

さらに、同棲中の彼氏に対しても「基本、悪魔」と笑顔を見せるダレノガレ。彼氏が帰宅する際に玄関で脅かしたうえで鍵を閉める“いたずら”もするようで、「『開けて!』って言われて開けます」と楽しそうにエピソードを話し、「すみません、結局、惚気けに(笑)」と照れていた。

◆結婚は?

彼氏とはケンカをすることもあるようだが、「ケンカをしても凄く優しいので。大人なのですよ。私が言いくるめられます(笑)」と嬉しそうに告白。「その後の対応が上手いのですよね。『とりあえず、オリーブスパに行く?』って言われると、機嫌がよくなるので(笑)」と惚気けた。

そんな彼との同棲を止めようと思ったことも「あります」というダレノガレだが、「朝起きた瞬間とか。いい夢を見たときに、『同棲を止めようかな』と。でも、恐い夢を見ると、いてくれてよかったなと(笑)」と惚気話に。結婚については「どうなのですかね。結婚するのですかね」と明言を避け、「したくないのですか?」と確認されると、「仕事があるので…」と答えていた。

◆活動自粛発表の川谷絵音にコメント

また、所属事務所がオフィシャルサイトを通して、未成年者と飲酒をしたと認めたミュージシャンで『ゲスの極み乙女。』および『indigo la End』のヴォーカルを務める川谷絵音に対しては、「ダメですよね」ときっぱり。

「自ら飲んでしまった子も悪いですけど、『止めなければいけない立場の大人が止めないというのはちょっとな』とは思いました」とコメントした。(modelpress編集部)