【有村架純・佐藤健/モデルプレス=10月6日】女優の有村架純が6日、都内で行われた映画「何者」(10月15日公開)女性限定試写イベントに、主演の佐藤健と出席。マイペースな有村は、佐藤から「ズルい系女子」と命名され、照れ笑いを浮かべていた。

◆佐藤がマイペース有村を「ずるい系女子」と命名

有村はこの日、自身について「マイペース系女子」と分析し、「(佐藤)健さんからなまけものみたいだねと言われた。慌てたりしますが、慌てると良いことがない。あたふたしていると落とし物をしたり余計なことをしちゃうから冷静でいようと思っている」と話した。

これに対して佐藤は「所作の一つ一つが丁寧。なんか(許せてしまうので)ズルい」と話し、有村を「ズルい系女子」と“命名”した。

◆有村の恋愛観は積極的?

この日は統計をモニターに表示するトータライザーを用いながら、142人の女性客に対し、劇中で描かれている恋愛に関する質問を投げかけた。劇中で、有村演じる瑞月が菅田将暉演じる光太郎に告白するという設定があることから、「好きな人に告白したことがある」という質問に74人が反応。

この結果に佐藤は「女性から告白するんだ!」と驚いたが、有村も「できれば男性からしてもらえたら嬉しいけれど、自分の気持ちを伝えたいと思ったら言うかも…」と積極性を見せていた。

また、「付き合ってからすぐの同棲は有りか無しか」という質問に佐藤は、「絶対無理。お互い苦しいし、見せられないところもあるから難しい」と話すと、有村も「すぐには無理!」と答えていた。

◆豪華キャストが集結 現代のリアルな青春映画

映画は、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した朝井リョウ氏によるベストセラー小説「何者」を実写化。就職活動を通して自分が「何者」かを模索する5人の大学生の姿が描かれる。佐藤、有村のほか、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之といった豪華キャストが出演する。(modelpress編集部)