【愛沢えみり/モデルプレス=10月7日】雑誌「小悪魔ageha」の専属モデルで現役No.1キャバ嬢である愛沢えみりが7日付でブログを更新。初めて同誌に出演した23歳の頃を振り返った。

ブログでは同誌の撮影があったことを報告し、モデル仲間との写真を掲載。若手の台頭もあり「気付いたらagehaでも年上組だわ。。。笑」としみじみとつづった愛沢は、初めて同誌の撮影に参加したときのエピソードを「23歳のバースデー終わった2日後に初めて撮影したんだ」と紹介した。

◆自信のなさから秘密にしていた「小悪魔ageha」の撮影

当時は撮影に参加したことを秘密にしていたといい、その理由を「恥ずかしいのとなんでえみりが??って思われるのがいやで」と説明。さらに「キャバ嬢としては、誰にも負けない自信あったけど、外見とかにはまっったく自信なんてなかったから」と続けた。

「もしagehaに出なくてずーっとキャバ嬢をやっていたら今とはまた違う人生だったんだろうな」と想像した愛沢は、同誌を通してキャバ嬢としての成長や自信も得られたようで「ただ雑誌に出た、モデルになれたっていうこと以上のことを学べた気がするんだ」と感慨深け。「努力は裏切らないってはじめて思った」と経験から学んだことを語り「それが今のえみりの頑張ろうって思う原点」と結んだ。

◆モデル・キャバ嬢・社長として活躍

2012年11月号より同誌の専属モデルに加入し、ピンで表紙を飾るなど、今では雑誌の顔となった彼女。またモデル、キャバ嬢以外にも社長の顔も持ち、今年5月には自身が手がけるアパレルブランド「エミリアウィズ(EmiriaWiz)」の初の店舗を東京・新宿にオープンさせた。(modelpress編集部)

■愛沢えみり(あいざわえみり)プロフィール

生年月日:1988年9月1日
出身地:神奈川県
血液型:B型
身長:164cm
特技:サングラスをしたままの買い物

新宿・歌舞伎町のNo.1キャバ嬢に君臨し、2012年11月号より「小悪魔ageha」の専属モデルとして活躍。歌舞伎町のキャバクラ「フォーティーファイブ」勤務。月商1億5000万円のアパレル会社社長としての顔も持ち、2015年2月には自身初の自伝「キャバ嬢社長 歌舞伎町No.1嬢王 愛沢えみりとしての生き方」を発表。2016年5月には、自身が手がけるアパレルブランド「エミリアウィズ(EmiriaWiz)」の初の店舗を東京・新宿にオープンさせた。