【速水もこみち/モデルプレス=10月9日】俳優の速水もこみちが、日本テレビ系情報番組「ZIP!」(毎週月〜金曜あさ5:50〜8:00)で担当している料理コーナー「MOCO'S キッチン」が今年で6年目に突入。10日放送回から「MOCO'S キッチン in シンガポール」と題し、一週間シンガポールにて同国の料理を披露する。

中華系、インド系、マレー系など様々な文化が交わる多文化の国、シンガポール。そこで速水がシンガポールグルメを徹底調査。シンガポール特有の屋台村ホーカーズでシンガポールの代表料理「チリクラブ」の調理法を学び、アジア最優秀パティシエを2年連続受賞、アジアで最も注目されるパティシエ、ジャニス・ウォンのお店を訪ね、最新スイーツを堪能する。

そして、シンガポールの景色が一望できるホテルの屋上に特設キッチンを設置し、“もこみち流シンガポールオリジナル料理”を披露。シンガポールの市場で買った新鮮なカニや野菜、調味料を使った「シンガポール クラブ パエリア」や日本人にも親しまれているつけ麺とシンガポール料理を融合させた料理が登場する。

◆速水もこみち、アレンジ料理を披露「勉強になった」

今回、シンガポールでの撮影を終えて「シンガポールは近代的かつ緑豊かな国で、取材先で出逢う方々はとても温かく受け入れてくれました。そのおかげで、シンガポールの深い部分も知ることができたと思います」と感想を述べ、「多民族国家であり一つの国の中に様々なエリア、文化が入り交じっていて勉強になったことがたくさんありました。新しい発見や刺激の多い、魅力に溢れた旅でした」と振り返った速水。

「地元の食材を使っての調理から仕上げの盛り付けまで全てにこだわりました。また、街歩きを通してシンガポールは独自の融合料理が多いと感じたので、僕なりにアレンジをして楽しいレシピにしてみました」と見どころを紹介し、「国や街の紹介をはじめ、シンガポールでは現地で料理も作りました。取材中に感じたシンガポールの魅力がしっかりと映像に映し出されていると思います。お楽しみに」と視聴者へ呼びかけた。(modelpress編集部)