【大友花恋/モデルプレス=10月9日】雑誌「Seventeen」専属モデルで女優の大友花恋が9日、都内にて1st写真集「Karen」(東京ニュース通信社刊)の発売記念イベントを開催した。

◆グアムロケで初の水着に挑戦

オールグアムロケで撮影された同書は、大友が企画の段階から撮影シチュエーションを提案するなど携わったという。お気に入りはソファに寝そべっている姿を写したカットで「お母さんにも『いいね』って言ってもらいました」とにっこり。「初めて水着にも挑戦しました。男の子にも、女の子にも楽しんでもらえる、見ていてワクワクしてもらえる写真集になっています」とメッセージを送った。

◆バースデーサプライズに大はしゃぎ!

また、この日は大友の17歳の誕生日ということもあり、会見時にはサプライズでバースデーケーキが登場。大友は「えっ、えっ!わー、かわいい!イチゴがいっぱい!」と大はしゃぎで、17歳をどう過ごしたいか尋ねられると、「17歳の目標は、女優さんとしても、モデルさんとしても成長して、落ち着きのある大人になって、もっとステップアップしていける年にしたいなと思います」と声を弾ませ、「楽しいことがあると、すごくすごくテンションが上がってしまうので、周りの人が『うるさい』と思ったのではないかなと、後々に心配になることがあります(笑)そういうところを直していきます」と明言。

自己分析では落ち着きがないそうだが、「先日、家で妹と弟と普通に遊んでいたのですが、楽しくなりすぎて、『わぁっ』て3人でふざけて遊んでいました。下の階に住んでいるおじいちゃんとおばあちゃんから、次の日の朝『昨日の夜、花恋ちゃんたちがうるさくて、心配になっちゃったよ』と言われて、騒ぎすぎちゃったなと思いました(笑)」と茶目っ気たっぷりにエピソードを紹介する一幕もあった。

◆モデル・女優に意欲…憧れの人物は?

最新号の「Seventeen」では、横田真悠と2ショットで表紙を飾っている大友。「今回の『Seventeen』が初めての表紙だったので、すごく嬉しかったです」と笑顔を見せ、「『また花恋ちゃんに表紙を頼みたいな』と思ってもらえるようにポージングとか、表情とかを上手になれるように努力します」とモデルとしての目標を明かしながら、女優としては「先日まで放送していたドラマで演じていた役が気の強い女の子でしたので、ガラッと違う、気の弱い女の子の役などに挑戦させていただきたいと思っています」と夢を膨らませた。

また、憧れのモデルや女優を尋ねられると「好きな女優さんは志田未来さんです。憧れているのは榮倉奈々さんです」と志田と榮倉の名前を挙げ、「志田未来さんは私が初めて見たドラマで主演をされていて、大好きです。演技の幅とか表情などが豊かだなと尊敬しています。榮倉奈々さんは『Seventeen』の先輩でもあるので、あんなキラキラとしたモデルさんになりたいと思っています」と目を輝かせた。(modelpress編集部)