【藤ヶ谷太輔/モデルプレス=10月11日】11日、第33回「ベストジーニスト2016」が発表され、一般選出部門にてKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が受賞。2014年に初受賞して以来、今年で3回目の受賞で殿堂入りとなった。

ゆったりめのシンプルなジーンズに、赤いチェックシャツ、ハットの私服で授賞式に登場した藤ヶ谷。今回3度目の受賞で殿堂入りを果たし、「憧れている舞台に3回も立つことができ、夢見てた殿堂入りができ、(投票してくれた)みなさんに夢を叶えさせてもらいました」と喜んだ。

そのほか、同じく一般選出部門では菜々緒、協議会選出部門では草刈正雄、押切もえ、渡辺直美、協議会選出部門・特別貢献賞ではONE PIECE(アニメ)が受賞。さらに、一般新人部門ではグランプリ・長谷川侑紀、準グランプリ・萩原菜穂が受賞し、この日に行われた授賞式に出席した。

◆ジャニーさんとお揃いのジーンズで登場

この日、藤ヶ谷が穿いてきたジーンズは事務所の社長・ジャニー喜多川氏とお揃いだそうで、「最初の受賞した年のジャニーさんの誕生日に、メンバーと話して、賞をとったし、あげたら面白いかなと思ってあげましたが、穿いているところを見たことがないんです」とがっかり。「怪しいなと思っているんですけど、穿いてないんじゃないかなと。今年中に穿いているところを確かめたいなと思います」と苦笑した。

今回一般投票により選ばれた藤ヶ谷だが、2位以下には同じジャニーズメンバーが名を連ねており、4位には同じグループの玉森裕太はランクインしていた。しかし、メンバー内の噂では「賞を取った年から、宮田(俊哉)がやたらジーンズを穿いてくるって噂なんですよ。(ベストジーニストを)狙っている」と暴露。藤ヶ谷本人は宮田がジーンズを穿いている姿をあまり見ないそうだが、「頻繁に穿いているみたいです」と明かし、「今回も報告とともに宮田くんがどんな表情をするのか確認したいと思います」とニヤリ。玉森については「現実はこうだと伝えたい」とキッパリ語った。

◆「ベストジーニスト」とは

1984年にスタートし、今年で33回目を迎える「ベストジーニスト」は、日本ジーンズ協議会が、ジーンズを着る楽しさを多くの方々に知ってもらおうという趣旨で開催している。

2013年度より、一般選出部門で3回受賞した人を“永久ベストジーニスト”として殿堂入りとし、これまで木村拓哉、草なぎ剛、浜崎あゆみ、亀梨和也、倖田來未、相葉雅紀、ローラが受賞している。(modelpress編集部)