【兒玉遥/モデルプレス=10月11日】HKT48の兒玉遥が10日、兵庫県・神戸ワールド記念ホールで開催された「AKB48グループユニットシングル争奪じゃんけん大会」で、雑誌「Popteen」モデルでタレントの“にこるん”こと藤田ニコルに扮した姿で登場。藤田本人から感動の声が上がった。

◆はるっぴ版“にこるん”に藤田ニコルも感動

10日付の兒玉のTwitterで「衣装は、私ながらではございますが藤田ニコルちゃんをリスペクトさせていただきました」と、金髪ツインテールで“にこるん”風の衣装を着た姿の写真を投稿。それに対して藤田はTwitter上で「真似してくれてありがとう。こんな私を…ありがとうね」と感動のリプライをし、兒玉が1回戦敗退してしまったことから「来年は頑張ってね」とエールを送った。

◆清楚系の兒玉が見せる“ギャルっぴ”に賛否?

ギャルとは対極のイメージの兒玉は、6月に行われた「第8回AKB48選抜総選挙」で選抜入りを果たし、掲げていた公約「選抜入りしたら、竹下通りをギャルメイクで歩く」を8月に実行。金髪ギャルメイクの女子高生スタイルで東京・原宿の竹下通りに登場し、話題を呼んだ。

今回のじゃんけん大会でのギャル姿再披露に加え、30日からスタートするドラマ「キャバすか学園」(日本テレビ)では金髪のキャバ嬢を演じることも発表され、一連の“ギャルっぴ”姿に様々な声も。

児玉は「似合わないとか、違和感とか、好きじゃないとか。キャバクラ水族館、タイちゃん(児玉の役名)がんばります」と自身のTwitterでしょんぼりしたが、「そんなことないよーーーーーー!」「あんまり気にしなくていいよ」「賛否両論は注目されてる証拠」などとファンから激励のコメントが寄せられていた。(modelpress編集部)