【菅野美穂・松嶋菜々子/モデルプレス=10月12日】女優の菅野美穂と松嶋菜々子が11日、都内にて行われたTBS系新金曜ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」(金曜よる10時〜初回15分拡大スペシャル)特別試写会&舞台挨拶に出席。同局「百年の物語」(2000年)以来、約16年ぶりの共演となる2人はそれぞれ思いを明かした。

◆菅野美穂、松嶋菜々子と16年ぶり共演

16年前の共演では、「1シーンだけだった」という菅野は「また共演させていただけることが光栄。事務所さん、ご本人、ありがとうございます」と感激し、松嶋に向かってお辞儀。

一方、松嶋も「とても嬉しいです」と久々の共演を喜び、「役柄的にはなかなかお話する感じではないですけれど、この間も主催でお食事会を開いてくださって。コミュニケーションをとっていきたいです」と微笑んだ。

この言葉を受け、さらに感極まった様子を見せた菅野は「本当にね…ないわけですよ、こういう機会は。本当にありがとうございます!話がおかしいことは、私も分かってるんですよ。でも、広い心でお受けしてくださって…懐をお借りして、胸に顔を埋めたいくらい」と溢れる思いを口にするも、興奮からかまとまらず。

会場から温かい笑いが起こる中、夫役の田中直樹が「何をおっしゃってるんですか?」とつっこむと、「…そうですよね(笑)」と徐々に落ち着きを取り戻していた。

◆長男出産で主演ドラマは「もう少し先かなとも思っていた」

今作は、タワーマンションを舞台にした本格サスペンス。平凡だが幸せな主婦・高野亜紀(菅野)が家族で憧れのタワーマンションに引っ越した矢先に出会った不気味で恐ろしい隣人・弓子(松嶋)に、思いもよらない方法で追い詰められていくというストーリー。

2015年8月に長男を出産した菅野は、4年ぶりのドラマ主演に「もう4年も経ってしまったかと。子どもが手のかかる時期なので、もう少し先かなとも思っていたんですが、オリジナルの脚本で素敵なキャストで光栄。連続ドラマは久々で、機械も進んでいて、浦島太郎状態でしたが(笑)、気持ちでやっていけたら」と意気込みを語った。

なお、このほか舞台挨拶には、岩田剛典(EXILE兼三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、横山めぐみ、堀内敬子、ホラン千秋が出席した。(modelpress編集部)