【菅野美穂・岩田剛典/モデルプレス=10月12日】女優の菅野美穂とEXILE兼三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典が11日、都内にて行われたTBS系新金曜ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」(金曜よる10時〜初回15分拡大スペシャル)特別試写会&舞台挨拶に出席。初共演となる2人は、お互いの印象を明かした。

◆菅野美穂「パンダちゃんか、赤ちゃんか、がんちゃん」

岩田は、菅野演じる主人公の幼馴染で、幼い頃のほのかな想いを抱きつつ唯一、彼女をあたたかく支える役どころ。

岩田について菅野は「グループでの活動もお忙しい中、ハードなスケジュールでいらっしゃるはずなのに、現場ではそれを微塵も感じさせない。精神的に立派だなと思っています。落ち込んだときに励ましてくれるシーンが多いんですけど、(岩田が)笑うとモニターを観てるみんなもにっこりしてる」とエピソードを披露し、“がんちゃんスマイル”の癒やし効果を「パンダちゃんか、赤ちゃんか、がんちゃん。互角です!」と絶賛。

これに照れくさそうな笑顔を浮かべた岩田は、「子育てでお忙しい中、主演で撮影も毎日。全く現場で忙しさを出さないですし、誰よりもスタッフさんや周りの方への心遣いが素晴らしい方」と“褒め返し”。「暑い日の撮影で、アイスをもらったんですけど、『熱中症になるから、首にあてるといいよ』って。助けていただいています」と感謝すると、菅野は「いいでしょう?アイスでもこんなに喜んでくれて。いい子だわ〜」と感心しきりだった。

◆体操教室のコーチ役

今作は、タワーマンションを舞台にした本格サスペンス。平凡だが幸せな主婦・高野亜紀(菅野)が家族で憧れのタワーマンションに引っ越した矢先に出会った不気味で恐ろしい隣人・弓子(松嶋)に、思いもよらない方法で追い詰められていくというストーリー。

岩田は、子どもたちが通う体操教室のコーチ・生方航平役。「どの家庭でもありうる、リアリティのあるドラマ」と感想を語りながら、自身の出演シーンに関しては「マンション内のドロドロがある中、箸休めのような、出てきたらホッとできるようなシーンにしたい」と“癒やし”を約束した。

なお、舞台挨拶には、このほか横山めぐみ、堀内敬子、ホラン千秋、田中直樹、松嶋菜々子が出席が出席。(modelpress編集部)