【中居正広/モデルプレス=10月12日】SMAP中居正広が、司会を務めるテレビ朝日系「中居正広のミになる図書館」(火曜よる11時15分)の11日放送回で、楽曲「世界に一つだけの花」にまつわる失敗談を語った。

◆「世界に一つだけの花」の歌詞をど忘れ

この日は、高岡早紀・高橋克実・新納慎也など舞台やミュージカルでも活躍する俳優陣が「舞台あるある」として裏側を赤裸々にトークする内容。

中居は、失敗談の話題で、以前ライブで出だしのパートを担当している同曲の歌詞(「花屋の店先に並んだ いろんな花を見ていた」)を忘れたことを告白。「何万回と歌ってるから忘れるわけないんですよ」としながら、イントロがかかった瞬間に「あれ?最初なんだっけ?『花屋の“どこ先”』だっけ?」とど忘れしてしまったことを振り返り、俳優陣は驚き。Kis-My-Ft2・北山宏光や、乃木坂46秋元真夏は「分かる分かる!」と頷いた。

慌てた中居は、隣にいた香取慎吾に「ちょいちょいちょい!Aメロの歌詞なに?」と助けを求めたが、香取は「知らねーよ!」とバッサリ。「花屋のタッタラ〜」と鼻歌でごまかしながら客席にマイクを向けたことを明かし、「ド頭よ!Aメロで(客席に)歌わせる歌手いないから!」と自分で突っ込んでいた。

◆ファンは「失敗しているSMAPが見たい」?

また、舞台俳優陣が初日の緊張を語った場面では、SMAPのライブは初日の売れ行きがよいため、売れにくい札幌に初日を設けることが多いと告白。

当然ライブは、後半の方が仕上がりは良いというが、「とにかく失敗しているSMAPが見たい!って」とファン心理を語り、「平気であるからね、4人しか立ってないとか。カラオケだけがずっと流れてるとか」とこれまでのハプニングを語った。

◆稲垣吾郎のキスシーンを鑑賞

番組ではこのほか、舞台「No.9−不滅の旋律−」(2015年)で高岡が稲垣吾郎と演じた濃厚なキスシーンを鑑賞する一幕も。

中居は「観たくないよ〜」と顔をしかめ全力で拒否し、「稲垣さん基本的にキス好きだから」と笑わせていた。(modelpress編集部)