【美馬怜子/モデルプレス=10月12日】モデルでタレントの美馬怜子が、11日放送の日本テレビ系バラエティ番組「今夜くらべてみました」(毎週火曜23:59〜)にゲスト出演。「トリオ THE 本厄な女」をテーマに、今年本厄である橋本マナミ、村主章枝とともに過去の厄年エピソードを紹介する中、美馬は元彼に“17股”された衝撃の過去を明かした。

◆「すごい好きだった」元彼から“17股”の衝撃過去

本厄であった18歳の頃に芸能界デビューした美馬。当時付き合っていた恋人に“17股”を掛けられていたことを明かし、「日曜日の午前9時から11時までの間しか会ってくれなかったんですよ。午前の女だった」と暴露。午前11時が迫ると「やっば〜い、先輩から電話がかかってきた」と言って帰ってしまい、それが繰り返し続いた挙句に「向こうから『別れよう』って言われた」と別れを切り出されたという。

しかしそれでも「すごい好きだった」という美馬は「『だったら2番目でもいい!』って言ったら、『2番目もいる』って言われたんですよ。『じゃあ3番は!?』って言ったら『悪いな、3番もいるんだよ』って言われて」と衝撃の事実を告白。「そのまま、4、5、6、7…って数えていったら17股だったんです」と予想だにしないエピソードを明かし、スタジオからは驚きの悲鳴が上がった。

この美馬のエピソードに、MCのフットボールアワー・後藤輝基からは「ようそこまで、『じゃあ16は!?』って聞いたな!普通4くらいで諦めるで」とつっこまれていた。(modelpress編集部)