【小松菜奈/モデルプレス=10月13日】女優の小松菜奈と俳優の菅田将暉がW主演をつとめる映画「溺れるナイフ」(11月5日公開)の主題歌「コミック・ジェネレイション」のミュージックビデオ(ショートバージョン)が14日に解禁され、小松からコメントが到着した。

映画は、講談社「別冊フレンド」に連載され、洗練された世界観と、リアルな心理描写で愛され続けるジョージ朝倉氏の同名少女マンガを実写化。東京から転校してきた美少女モデル・望月夏芽(小松)と、強烈なオーラを放つ地元の少年・長谷川航一朗(菅田/コウ)が織りなす壮大な青春ラブストーリーを描く。

主題歌を聞いた小松は「『愛も平和も欲しくないよ。だって君にしか興味ないもん!』この歌詞は夏芽とコウの関係に凄くぴったりで、あの燃え尽きた夏(撮影)を思い出し、色んな感情が湧いて心にグッときました」と感慨深げ。「映画を観て、この曲を聴いた後も、皆さんの心に残る曲と歌詞になると思います」とコメントを寄せた。

◆「溺れるナイフ」の幸せシーンが満載

今回解禁されたMVは、『溺れるナイフ』の映像を使用。夏芽(小松)とコウ(菅田)が、出会った瞬間に惹かれあい、幸せシーン満載の映像が切り取られる。主題歌を歌うドレスコーズの志磨遼平は「これは『溺れるナイフ』という夢、その中で暮らす夏芽とコウちゃんのためだけに演奏した(つまり自分以外のために演奏する、初めての)“コミック・ジェネレイション”です」と語っている。(modelpress編集部)