【渡辺麻友/モデルプレス=10月14日】AKB48の渡辺麻友(22)がモデルプレスのインタビューに応じた。約5年ぶりとなる写真集「知らないうちに」を10月25日にリリースする渡辺。同書では初のランジェリー姿を解禁するなど、アイドルではなく22歳の大人の女性“渡辺麻友”をそのまま写し出したという初めて尽くしの1冊に。「こんな姿は自分でも初めて」と渡辺本人も驚くほど自信作が出来上がった理由と、自慢の美ヒップ、スタイルキープなど美の秘訣についてもたっぷりと語ってもらった。

◆写真集「知らないうちに」では「新しい私をお見せしたい」

― 出来上がった写真集を見たご自身の感想を教えてください。

渡辺:お気に入りの写真ばかりで、自信作ができました!たくさん撮影したので、載せきれなかったカットもたくさんあって、全部載せたいくらいどれも自信のあるカットばかりです。

― 2011年に発売された前回の写真集「まゆゆ」とはガラリと印象が変わりましたね!

渡辺:前作が17歳のときだったので、今回の写真集は全く違う作品に仕上げたいとスタッフさん達と話し合い、22歳の等身大の大人になった姿を写し出していただきました。今回は、初ランジェリーにも挑戦しました。今までは水着だけだったで、ランジェリー撮影は恥ずかしくて緊張しました。水着とは違って、よりセクシーな仕上がりになると思ったので、着こなせるのかな、とロス(今回の写真集を撮影した場所:米ロサンゼルス)に行くまでは不安で…。不安と緊張でお腹をこわしたりとプレッシャーで押しつぶされそうでした、ロスに到着すると、ロスの開放的な空気で自然とリラックスでき撮影に取り組むことができました。以前1回プライベートでロスに行ったことがあったのですが、それ以来すごく好きな場所。居心地が良く、自分を開放できる街なので、ロケ地をロスにしてよかったなと思いました。

― なぜ、今回のタイミングでランジェリーを解禁したのでしょうか?

渡辺:22歳の大人の女性ということで、いつもの正統派アイドルというイメージとは違った、みんなが驚くような新しい私をお見せしたいと思いランジェリー姿を撮っていただきました。

あとは、焼肉屋さんで食事をしながら、お酒を飲んでいるカットや、今までお見せしたことがない表情もたくさんあると思います!公の場でお酒を飲むことがなかったので、初のほろ酔い姿をお見せしています。水中で潜る姿も初で…、実は私、まったく泳げないんです!水中で身体を動かせられないし、バタ足もできないのですが、今回はプールの中で潜って目を開けました!実際にやるときは躊躇して時間もかかってしまったのですが、勇気を出して潜ってみたら意外に楽しかったです(笑)。こんな姿は自分でも初めて。本当に初めて尽くしの1冊になりました。

― 今回ランジェリーや水着姿のみならず、普段のファッション姿も魅力的だなと思ったのですが、ご自身でスタイリングを考えたのでしょうか?

渡辺:フィッティングの段階でたくさん衣装を持ってきていただいてスタッフさんと相談し合いながら、ベストスタイリングを選べたと思います。自分の身体にあった衣装やランジェリーを決めたので、全部可愛くて、気に入った衣装ばかりです。

◆美ヒップ、スタイルキープ…美の秘訣を公開

― 渡辺さんと言えば、誰もが羨む“美ヒップ”の持ち主ですが、その秘訣を教えてください。

渡辺:ヒップだけに限らず、身体は常に潤いを保っておきたいので、ボディクリームはお風呂上がりに毎日隅々まで塗っています。塗らない日はないです。お尻も塗りたくっています(笑)。塗ると心も潤って、気分も上がります。

― スタイルキープのために気を付けていることはありますか?

渡辺:少食で昔からあまりたくさんの量を食べられないので、急激に太るという経験は今までにないのですが、後は結構偏食で…。野菜と果物が苦手でほぼほぼ食べられないものばかりです。なので、偏った食生活をしています。でも逆に、お肉が大好きで、お肉メインでお魚とご飯を食べています。お肉でエネルギーを蓄えて、お仕事ではありますがダンスで健康的に運動もしているので、たくさん食べてもいいんじゃないのかな。無理して嫌いなものを食べるより、心が喜ぶことをすると、自然とスタイルにも現れるんじゃないのかなと思っています。

運動はジムに行ったりという、特別なことはしていなくて。運動を欠かさずやっているというより、AKBの活動の中でコンサートをやるので、リハーサルだったり、振り入れだったりと、それがすごくいい運動になっています。でもYouTubeでヒップ運動の動画があるので、それを参考にヒップは鍛えています。

― 今回の写真集の撮影前は、どんな準備をしましたか?

渡辺:実はちょうどハードスケジュールが重なり、夏の暑さで痩せ過ぎてしまったんです。今回は大人らしさを大事にしたく、女性らしい丸みのあるボディラインで撮影に臨みたかったので、体重を増やすようにアイスを食べたり間食を多く摂ったりして、ボディメイクをしました。

― 色気もすごく出ているなと思ったのですが、色気を出すためにやったことはありますか?

渡辺:これまでずっとアイドルとして写真を撮られていることが多かったので、カメラの前に立つとどうしてもキメキメになってしまうことに気が付きました。今回は22歳の等身大の自然な姿を写そうと思っていたので、カメラの前でも一切力の入らない状態というのを意識して、いつもの100%の笑顔ではなく、本能のままに従いました。アイドルという意識を一度捨てて、22歳の女性としての魅力を最大限に出そうと、自分なりに努力しました。

◆自信作が完成…今後の目標は?

― そうやって自信作が出来上がったわけですね!

渡辺:AKBの先輩で同じ事務所の小嶋(陽菜)さんから、急にLINEが来て「麻友ちゃん、事務所の人に写真集見せてもらったけど、すごくよかったよ!」と言っていただき、本当に嬉しかったです。たくさんの女性から支持されている小嶋さんからお褒めの言葉をいただき、女性に向けて作った1冊なので、本当によかったなとさらに自信が持てました。

ランジェリーや水着姿で撮影するとき、普段のグラビアとは違った品のあるセクシーさを目指したので、その品の中にあるセクシーな女性らしさを見せられたらいいなと思っています。同性のみなさんに憧れられる存在を目指していきたいです。

― そんな渡辺さんの今後の目標を教えてください。

渡辺:これをきっかけに、今まで以上に同性の支持を得られたらいいなと思っています。同性の支持って強みになるので、たくさん増やしていきたいです。そのために、自分自身も努力して磨きをかけていきたいです。

◆夢を叶える秘訣を語る

― 最後に夢を追いかけているモデルプレス読者に夢を叶える秘訣を教えてください。

渡辺:私はAKBが好きで、入りたいと思ってオーディションを受けたのですが、1回目は落選しました。諦めかけたのですが、諦めきれずにどうしても入りたいと思い、リベンジしたら合格して今があります。夢は、諦めないで挑戦し続ける、というチャレンジ精神を欠かせてはいけないと思います。AKBに入ってからもいろんな壁にぶち当たりましたが、諦めずに折れずにやり続けたからこそ、今があります。やり続けることが大事だと私は思います。

― ありがとうございました。

デビューしたときはまだ13歳というあどけないアイドル“渡辺麻友”だったが、1人の大人の女性へと成長していた。それが丸わかりの一冊が出来上がった。しかし、「大人っぽく仕上げていただいて、自分でも驚いています」とまっすぐな言葉で語り、「自分自身でも新しい自分に出会えた気がして、この作品を作ることが出来て本当によかったなと思います」と達成感に満ち溢れている姿は昔と変わらず無邪気に喜んでいるようだった。

新しい一歩を踏み出した、22歳大人の女性・渡辺麻友。アイドルと、1人の大人の女性を使い分けていく彼女に今後も注目していきたい。(modelpress編集部)

■渡辺麻友(わたなべまゆ)プロフィール

生年月日:1994年3月26日/出身地:埼玉県/AKB48チームB所属。第3期メンバーとして、2007年より活動を開始する。第1回の総選挙開始から8年連続で神7入りを果たしている唯一のメンバー。第8回順位は2位。ドラマ『戦う!書店ガール』(関西テレビ・フジテレビ系/2015年)で主演を務めるなど、女優としても活躍している。