【矢倉楓子/モデルプレス=10月13日】NMB48の矢倉楓子が13日、京都府で開催中の「京都国際映画祭2016」にて行われた『ホラーの天使』の舞台挨拶に、女優の葵わかな、長江俊和監督と登壇した。

◆NMB矢倉楓子の“”使命感

劇中でもアイドル役だった矢倉だが、「知っている方もいるかもれないんですけど、普段はギャグをやったり、アイドルらしからぬところが多いんですね、私」と告白。「やっぱり大阪を拠点にしているNMB48なので、可愛くいるより面白くいなきゃていう使命感。大阪の女なので…」とその胸中を明かし、「だけど、今回の映画では怖がりな只々アイドルな私を見てもらえれば」とアピールした。

また、自身が「幽霊っぽい」と言われることが多いともいい、「私が映った時に、ファンの方が幽霊が映ったと勘違いしないか心配です」と気が気でない様子。司会者から「大丈夫ですよ。確実に見えてます」とフォローされると、「よかった。透き通ってなかったです」と無邪気に笑った。

◆ファンサービスもたっぷり

同作は、現在はスタジオとして使用されている廃校を舞台にしたホラー映画。撮影の待ち時間を過ごす2人の若手女優、合宿生活を送る3人のアイドルユニット、ネタ合わせを続けるコンビ芸人の計7人が、思いもよらない恐怖体験を次々重ねていく物語。葵、矢倉のほか、恒松祐里・水谷果穂・藤田みりあ(フェアリーズ)・藤原一裕(ライセンス)・草野イニ・横浜流星、そして竹中直人が出演する。

観客に詰めかけたファンの中には、矢倉のうちわを手にした人もおり、「びっくりした」と目を丸くした矢倉。観客も撮影が許可されたフォトセッション時には、キュートなポーズを連発してファンを盛り上げ、会場に響く鳴り止まないシャッター音には笑みをこぼしていた。

◆京都国際映画祭2016

同映画祭は、「京都映画祭」の伝統と志を引き継ぎながら、新たな映画文化の創造をはかるべく2014年より開催。3回目となる今回はキャッチコピーは『京都上ル上ル(あがるあがる)』で、10月13日〜16日まで京都市内を中心に実施。

京都ならではの人材・技術・経験を活かし、伝統文化・芸能も伝承しつつ新たな映画文化の創造を図るべく、京都から全国に、アジア諸地域を含む全世界への発信を目指して、映画祭の輪をより一層広げていく。(modelpress編集部)