【セーラームーン/モデルプレス=10月14日】15日から東京公演がスタートするミュージカル「美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−」(アムールエターナル/通称:セラミュー)の公開リハーサルが14日、都内で行われた。2013年から上演されている同公演は、16年秋の公演から5戦士が新キャストとなり、この日はセーラームーン/月野うさぎを演じる野本ほたるらが報道陣の前で公開リハーサルに臨んだ。


◆ゲネプロの様子は

リハーサルでは、本番さながらに2時間半の公演を披露。公演はセーラームーンの原作・第四期「デッド・ムーン」編にあたるストーリーがベースとなっており、人の夢を覗きながらペガサスを探し求める敵が、セーラームーンたちを襲うというストーリーだ。

同公演では、新キャスト陣のフレッシュな歌やダンス、敵のサーカス団のアクロバットシーン、ペガサスのエリオスの華麗な舞いなどが注目ポイントとなる。

また、戦士の武器やアイテムは忠実に再現されており、見ているだけでも楽しむことができる。衣装も、メタリック素材やオーロラのラメが埋め込まれた生地などを用い、リボンやパールをふんだんに使用して装飾している。公演の終盤では、セーラームーンが“エターナルセーラームーン”に進化し、羽付きの華やかな衣装へ変身するシーンも見どころの一つとなる。

◆キャストらが意気込み語る

この日、ゲネプロ前には会見が行われ、新キャストの野本ら5戦士が登場。野本は「うさぎちゃんのことを考えれば考える程思いが強くなって、今この場に立てていることをとても感謝しています。セーラームーンの愛を届けたい」と話し、セーラーマーキュリー役の竹内夢は「前作までの先輩方が3年間で作り上げてきた思いを受け継ぎたい」と意気込んだ。

また、2013年からタキシード仮面役を務めている元宝塚トップスターの大和悠河は「1年に1度男になるというのは大変快感」と宝塚で男役を演じていた貫禄を見せつつ、新キャストに対して「舞台に立つとさらに自分に自信が持てる。もっと羽ばたいていけると思うので、初日の舞台に立って観客から受けた感覚を大切に演じていってほしい」と、エールを送っていた。(modelpress編集部)

■「美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−」ストーリー

うさぎたちは高校生となり、新たな生活を送ろうとしていた。しかし、皆既日食の日に現れた「デッド・ムーン サーカス団」が人間の夢に潜むペガサスを探し求め、魔の手を伸ばす。さらに衛は、呪いの黒バラの餌食に。地球を守護する聖地「エリュシオン」の祭司エリオスに地球存亡の危機を知らされたうさぎたちは全てを救う鍵となる「ゴールデン・クリスタル」を見つけ出すことを決意する。

■キャスト

セーラームーン/月野うさぎ:野本ほたる
タキシード仮面/地場衛:大和悠河
セーラーマーキュリー/水野亜美:竹内夢
セーラーマーズ/火野レイ:小林かれん
セーラージュピター/木野まこと:楓
セーラーヴィーナス/愛野美奈子:長谷川里桃

セーラーウラヌス/天王はるか:汐月しゅう
セーラーネプチューン/海王みちる:藤岡沙也香
セーラープルート/冥王せつな:石井美絵子
セーラーサターン/土萠ほたる:髙橋果鈴
セーラーちびムーン/ちびうさ:神田愛莉 ほか

■公演

東京公演(AiiA 2.5 Theater Tokyo):10月15日〜10月23日
福岡公演(キャナルシティ劇場):10月29日〜10月30日
大阪公演(サンケイホールブリーゼ):11月4日〜11月6日