【石田明/モデルプレス=10月14日】お笑いコンビNON STYLEの石田明が14日、京都府で開催中の「京都国際映画祭2016」にて行われた「原作開発プロジェクト」発表会見に、ペナルティ・ヒデ、レイザーラモン・HG、麒麟・田村裕、笑い飯・哲夫、キングオブコント2016で優勝したライス(田所仁、関町知弘)と出席した。

◆ノンスタ・石田の“ボケ”に赤面

会見の内容にちなんで、漫才やコント、舞台の脚本を手がける石田は、「そういうの(脚本)を小説化したい思いもあって、オファーもたくさんあるんですよ。でも、ちゃんとしてから行きたい」と新たな挑戦への心境を吐露。「今は相方の『スーパー・ポジティヴ・シンキング』って言う本のコピーライターをやっているんです」とコンビを組む井上裕介を持ち出した冗談で場を盛り上げ、司会のヒデをはじめとする登壇者も「そうだったんですね」とボケに合わせたが、ただ1人田村だけは声を荒げて「えぇ!そうだったん」と信じていた。

「もう少し言っても良いんじゃない」と本気にする田村は、石田から「めちゃくちゃ信じますね」と嘘であることを告げると、「えっ嘘なん?ボケ?めっちゃ信じたやん」と衝撃を受けて赤面。「相変わらずカワイイ兄さんですね」とツッコミが入り、会場はさらに笑いに包まれた。

◆結婚発表・哲夫にツッコミの嵐

また、11日に一般女性と結婚することを発表した哲夫は、会見の冒頭に祝福の言葉をかけられると、「ありがとうございます。結婚、離婚を繰り返してもう3度目の結婚なんですけど…」と切り出し、「いや、初婚でしょ」、「なんの嘘?」と登壇者から総ツッコミ。

結婚にあたって先輩からもらったアドバイスを聞かれると、「おさむ師匠から『奥さんのことをブサイクって言うな』と怒られまして、次の日には師匠の奥さんから『奥さんのことブサイクっていうたらあかんよ』ってNYからわざわざ電話で怒られました」と反省しつつ振り返った。

◆まだ見ぬ才能を発掘

メディアの多角化が進む現代において、一段と重要視される“原作”の力を最大化することを目指す同プロジェクト。よしもとクリエイティブ・エージェンシーが様々なユーザー投稿型サービスとタッグを組み、それぞれの大賞作品を決める。

選ばれた各大賞作品は、書籍・電子書籍化の独占販売などの機会が設けられ、作品に応じては映像化も検討。各コンテストは「京都国際映画祭」、「島ぜんぶでおーきな祭り」をベースに展開され、映画祭での大賞作品の発表、映像先品のプレミア上映を予定している。

なお、コンテストの詳細は公式サイトに掲載されている。

◆京都国際映画祭2016

同映画祭は、「京都映画祭」の伝統と志を引き継ぎながら、新たな映画文化の創造をはかるべく2014年より開催。3回目となる今回のキャッチコピーは『京都上ル上ル(あがるあがる)』で、10月13日〜16日まで京都市内を中心に実施。

京都ならではの人材・技術・経験を活かし、伝統文化・芸能も伝承しつつ新たな映画文化の創造を図るべく、京都から全国に、アジア諸地域を含む全世界への発信を目指して、映画祭の輪をより一層広げていく。(modelpress編集部)