【不機嫌な果実/モデルプレス=1月13日】女優の栗山千明が主演を務めるテレビ朝日系スペシャルドラマ「不機嫌な果実スペシャル〜3年目の浮気〜」の後編が13日、23時15分より放送される。

栗山をはじめ、市原隼人、高梨臨、稲垣吾郎ら“不機嫌ファミリー”が再集結し、2週連続のスペシャルドラマとして復活した大人の濃厚ラブストーリー『不機嫌な果実』(原作/林真理子)。2016年4〜6月に放送された連続ドラマ版の3年後を舞台に、“六角関係のドロドロ浮気騒動”を描いた最新作がついに完結する。

◆泥沼不倫がパワーアップ!

先週6日に放送された前編では、不倫の末に通彦(市原)と再婚した麻也子(栗山)がついつい、野性的なイケメン農業男子・相馬(山本裕典)に心を奪われることに…。ホテルでうっかり一線を越えそうになったところへ、元夫・航一(稲垣)がものすごい勢いで現れて「どういうこと!?」と問い詰めたかと思いきや、「僕はずっと、ずっと麻也子のことが…」という爆弾発言を投下。

それと並行して、通彦は教え子の女子大生・葵(南沢奈央)に言い寄られ、航一の恋人・久美(高梨)は親友でもある麻也子に嫉妬して陥れようと暗躍…。グチャグチャに入り乱れる見事な六角関係が形成された状態で、前半戦が幕を閉じた。

不倫も六角関係も何でもござれの、安定した登場人物たちのクズっぷり&ドロドロ感が話題を呼び、前編の放送が終わると、SNS上には「相変わらずのドロドロっぷり」「登場人物全員アホすぎてww めっちゃ面白いwww」「ツッコミどころ多すぎて爆笑」「役者も視聴者も突き抜けたもの勝ち」といった書き込みがあふれた。

◆「不機嫌な果実」いよいよ完結!

今夜放送の完結編では、さらに新たな女も参戦し、ただでさえハチャメチャな六角関係がまさかの七角関係に発展…!?

ドロドロの愛憎連鎖がどんどん広がっていき、現夫、元夫、新たな男…と3人の男の間で揺れる麻也子をはじめ、主要登場人物たちの行く手は波乱まみれ。その先に待ち受ける衝撃の結末と併せて必見。愚かで愛すべき登場人物たちの“本能と欲望にまみれた愛憎劇”の行方は―。(modelpress編集部)