なごやめし&韓国料理の激旨コラボ。イルチュール「名古屋韓めし」でスタミナを!【名古屋】

「なごやめし」として紹介される「台湾ラーメン」。その昔、台湾料理店の店主が考案したことからその名が付けられたのだが、ほかの地域から見れば違和感を抱かずにはいられないと思う。しかも、辛さ控えめの「台湾ラーメン・アメリカン」なんてのもあるので、名古屋なのか、台湾なのか、アメリカなのかさっぱりわからない(笑)。

おっと、前置きが長くなった。何が言いたいのかというと、台湾料理店が考案しても「なごやめし」として人々が支持する名古屋の、懐の大きさを自慢したかったのだ。

韓国人が「韓国より旨い」と絶賛

なごやめし&韓国料理の激旨コラボ。イルチュール「名古屋韓めし」でスタミナを!【名古屋】

こちらは名古屋市内、地下鉄桜通線国際センター駅近くにある韓国料理店「イル チュール」。

なごやめし&韓国料理の激旨コラボ。イルチュール「名古屋韓めし」でスタミナを!【名古屋】

カジュアルな雰囲気の店内はテーブル席と座敷が完備。BGMにK-POPが流れていて、好きな人にはたまらないだろう。

なごやめし&韓国料理の激旨コラボ。イルチュール「名古屋韓めし」でスタミナを!【名古屋】

大きな豚バラ肉をカリカリに焼いて、たっぷりの野菜とともに食べる「サムギョプサル」(1人前 1,180円 ※注文は2人前〜)をはじめ、本場の味が楽しめる。

なごやめし&韓国料理の激旨コラボ。イルチュール「名古屋韓めし」でスタミナを!【名古屋】

と、ここまでは至ってフツーの韓国料理店だが、韓国料理と「なごやめし」をコラボさせた「名古屋韓めし」なるメニューを用意しているのだ。

日本へ旅行で訪れた韓国人のお客さんも来ますが「韓国で食べる料理よりも美味しい」と言われます。


そう語るのは料理長を務める千昌園(チョン・チャンウォン)さん。彼は、修業先のウェスティン朝鮮ホテルで健康をテーマとしたオリジナルメニューが韓国の雑誌やテレビで紹介されるほどの腕前。

2007年に来日し、東京の韓国料理店で料理長として働く傍ら、韓国料理店のプロデュースも手がけ、その数は都内17店舗にものぼる。

そんな千さんが名古屋に来たのは今から5年前。

まず、驚いたのは八丁味噌です。見た目も味も、韓国の味噌とよく似ていると思いました。味噌煮込みうどんや味噌かつなど八丁味噌を使った料理を食べたのをきっかけに、ひつまぶしや手羽先など「名古屋めし」が大好きになりました。そして、2014年5月に名古屋でお店を始めるにあたって、地元の人が食べ慣れた味を出そうと思ったんです。(千さん)


手羽先は韓国甘辛タレ&八丁味噌で

なごやめし&韓国料理の激旨コラボ。イルチュール「名古屋韓めし」でスタミナを!【名古屋】

お店に着いて、まずビールとともに楽しみたいのが「手羽先」(4本 580円)。

名古屋の居酒屋では必ずといってもいいほど見かけるメニューだが、ココのはかなり大ぶりで肉がたっぷり。

って、あれ? それ以外は何のヒネリもない!? と思いきや、注目すべきはその味付け。定番の塩・コショウのほか、チリソースに似た韓国らしい甘辛ダレ、そして八丁味噌ダレの3種類から選べるのだ。

「八丁味噌ダレはダシ入りの八丁味噌にハチミツをくわえたシンプルなものですが、肉のうま味を引き立てます」と、千さんは胸を張る。

なごやめし&韓国料理の激旨コラボ。イルチュール「名古屋韓めし」でスタミナを!【名古屋】

実際に食べてみると、思ったほど甘くなく、たしかに鶏肉とよく合う。ビールはもちろん、マッコリとともに楽しみたい。名古屋の手羽先は甘辛いタレとスパイシーなコショウで味付けしたものがほとんどで、この八丁味噌のタレを付けるという発想はなかった。恐るべし!

定番チゲ鍋&参鶏湯も名古屋テイスト

次は韓国料理の定番、チゲ鍋の「名古屋めし」バージョン。その名も「八丁味噌チゲ」(980円)。

なごやめし&韓国料理の激旨コラボ。イルチュール「名古屋韓めし」でスタミナを!【名古屋】

まずはスープをひと口……。

おおっ! 毎日飲んでいる赤だしにそっくり! その後にジワーッと唐辛子とニンニクの刺激が広がる。それは決して尖ったものではなく、ゆっくりと身体全体を包み込むような感覚。まさに名古屋と韓国を融合させた味だ。

なごやめし&韓国料理の激旨コラボ。イルチュール「名古屋韓めし」でスタミナを!【名古屋】

味のベースは牛骨と鶏ガラを40時間かけてじっくりと煮込んだスープです。塩は使わず、代わりにアミエビの塩辛で味を付けていますので、やさしい味に仕上げています。スープには高麗人参やナツメ、ショウガなど9種類もの漢方も入っていますから、身体の内側からキレイになりますよ。(千さん)


この「八丁味噌チゲ」に使う牛骨と鶏ガラ、そして9種類の漢方をくわえたスープはすべての料理に使われている。滋養強壮や疲労回復、美肌効果、生活習慣病予防と、身体には良いことだらけなのだ。

最後に紹介する丸鶏がごろっと入った「参鶏湯漢方鍋」(1人前 1,500円 ※注文は2人前〜)もその一つ。

なごやめし&韓国料理の激旨コラボ。イルチュール「名古屋韓めし」でスタミナを!【名古屋】

煮込むほどに鶏のうま味が鍋全体に染み出して、どんどんうまくなる! しかも漢方の効果で身体の奥からじんわりと温まる。

鶏を食べ終えてから、夢中でスープを飲んでいると、「ちょっと待ってください! 鶏を食べ終わってからが重要なんですよ」と、千さんからストップがかかった。そして、目の前に味噌ダレとうどんが運ばれてきた。まっ、まさか!?

残ったスープに味噌ダレを溶いて、うどんを入れて味噌煮込みうどんにしてお召し上がりください。ちなみに味噌ダレは味噌煮込みうどんが有名な「山本屋大久手店」から仕入れていますので、間違いありませんよ。(千さん)


山本屋大久手店といえば、かつて『メシ通』でも紹介した味噌煮込みうどんの名店中の名店ではないか! 創業90余年にわたって受け継がれてきた秘伝の味噌ダレと漢方が溶け込んだ牛骨&鶏ガラスープはどんな化学反応を起こすのか!?

なごやめし&韓国料理の激旨コラボ。イルチュール「名古屋韓めし」でスタミナを!【名古屋】

いざ、実食! 八丁味噌の味と香りが加わっただけで、イッキに食べ慣れた味噌煮込みうどんに変貌を遂げた! まるでソウル→セントレアの直行便に乗っているようだ。

特筆すべきはコク。ただでさえ深みのあるコクが倍増するのだ。参鶏湯を味噌煮込みうどんで〆るというアイデアには脱帽。誰が何と言おうが私は名古屋人を代表して、このメニューを「なごやめし」に認定させていただく。

「なごやめし」好きで韓国料理好きの人は是非行って見るべし!

お店情報

イル チュール

住所:愛知県名古屋市中村区那古野1-46-12 小鳥ビル107
電話番号:052-433-1333
営業時間:11:30〜14:00、17:00〜23:00(LO 22:30)
休定日:日曜日
ウェブサイト:http://www.hyang.jp/il-tulle/

※金額はすべて消費税込です。
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:永谷正樹

なごやめし&韓国料理の激旨コラボ。イルチュール「名古屋韓めし」でスタミナを!【名古屋】

名古屋を拠点に活動するフードライター兼フォトグラファー。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌などに写真と記事を提供。最近は「きしめん」の魅力にハマり、ほぼ毎日食べ歩いている。

過去記事も読む