老舗フルーツパーラーのフルーツサンドがやっぱりウマかった! でもそれだけじゃない【京都】

老舗果物店のパーラー!

甘いものが3度のメシより大好きなメシ通レポーター松永です。お酒より好きなものは……甘酒です。

それはさておき今回は、甘いもの好きにとっては天国のような場所、フルーツパーラーに行ってみます。

京都の四条大宮駅前に本店を構える老舗果物店ヤオイソといえば、京都の人ならよく知っている果物店ですね。なんと創業明治2年。市内に3店舗を構えるフルーツパーラーとしても知られています。

老舗フルーツパーラーのフルーツサンドがやっぱりウマかった! でもそれだけじゃない【京都】

こちらはヤオイソ本店。

老舗フルーツパーラーのフルーツサンドがやっぱりウマかった! でもそれだけじゃない【京都】

で、こっちがフルーツパーラー。

老舗フルーツパーラーのフルーツサンドがやっぱりウマかった! でもそれだけじゃない【京都】

以前は本店の2階にありましたが、2012年に本店の4軒隣に移転しました。

やっぱりハズせないフルーツサンド

そんなヤオイソの名物といえば、そう、フルーツサンド。1973年にフルーツパーラーがオープンした時から販売しているメニューです。

もう、京都でフルーツサンドといえば、ヤオイソと言われるぐらいに有名ですね。特徴的なのは、一つ一つの果実が大きいこと。

老舗フルーツパーラーのフルーツサンドがやっぱりウマかった! でもそれだけじゃない【京都】

これぞ、定番のフルーツサンド 702円。大きなフルーツがこぼれ落ちそうです。

「実は昔はフルーツを細かく刻んで生クリームと和えたようなものでした。それが、時代のニーズと言いますか、だんだん挟むフルーツが大きくなって今の形になりました」

と教えてくれたのは、5代目社長の長谷川良子さん。

フルーツパーラーを始めたのは良子さんのお父様であり、良子さんが小さい頃に家で食べた味は、細かく刻んだタイプのものだったとか。まさに果物店の家の味でもあったんですね。

昔のものはもっと生クリームを味わう感じでしょうか。それが、よりフルーツ自体をしっかり味わうタイプになったようです。

老舗フルーツパーラーのフルーツサンドがやっぱりウマかった! でもそれだけじゃない【京都】

果物自体の美味しさをしっかりかみしめつつ、その酸味と生クリームのまろやかさが一体となって口の中が幸せな状態になります……。

パパイヤが生クリームとマッチする味わいが特に好みです!

使っているフルーツは、イチゴ、キウイ、パイナップル、パパイヤ、メロンというのが長年の定番になっています。

イチゴ、キウイで1つのサンドに、パイナップル、パパイヤ、メロンで1つのサンドになっており、年中変わらず提供できるもので、味と色合いを考慮した結果の組み合わせなのだとか。パパイヤなんて、普段はあまり口にしないものが食べられるのも、果物店ならではですね。

通常のフルーツサンドのさらに具が大きい「スペシャル (864円)」、メロンがマスクメロンに変わって、マンゴーを追加した「ロイヤル (1,080円)」というのもあるそうです。

どれもパーラーで出すフルーツは、全て熟した一番の食べごろを見計らって、出しているのだそう。(熟したフルーツは傷みやすいので、果物店で売っているのは、少し時期が早いものだったりするんだとか)

フルーツサンドもいいけど、「葛あられ」もね!

そんなフルーツサンドとともに、今回紹介したいのが、並んで人気だというメニューの、「クリーム葛あられ」です。

老舗フルーツパーラーのフルーツサンドがやっぱりウマかった! でもそれだけじゃない【京都】

クリーム葛あられ 864円。こちらも大きめカット! パイナップル、メロン、イチゴ、キウイ、バナナ&アイス!

ジュースにフラッペ(夏期のみ)、パフェなんかもあるんですが、私がおすすめするのは、葛粉を使ったわらび餅のような食感のヤオイソ名物、葛あられです。

老舗フルーツパーラーのフルーツサンドがやっぱりウマかった! でもそれだけじゃない【京都】

甘すぎない、食感重視です。というか、口の中は甘いものだらけなんで甘さがあってもはっきりわからず。

フルーツ、黒蜜との相性も良く……。

うーん、甘くて柔らかいものだけを食べ続けられる、至極の時間です!

アイスクリームがのっていないものもありますが、個人的にはアイスをトッピングした方が、和風とも洋風ともならない雰囲気となり、味わいやコクも加わって好みです。

葛あられも、パーラーが始まった1973年当時からあるメニューだそうで、40年来の定番商品。サンドだけではなく、ぜひぜひご賞味ください。

なお、ヤオイソといえば、季節ごとのフルーツを使った「づくし」も名物。

老舗フルーツパーラーのフルーツサンドがやっぱりウマかった! でもそれだけじゃない【京都】

「づくし」とは、ひとつのフルーツで作ったサンド、パフェ、ジュースが提供される豪華なセットのこと。

取材にうかがった9月はイチジクでしたが、夏場はマンゴーや桃、秋は柿、ラ・フランス、栗、冬〜春はイチゴと、季節ごとの豪華なラインナップ。想像するだけでも口の中が美味しくなります。

一番人気は、みんな大好きイチゴ。

老舗フルーツパーラーのフルーツサンドがやっぱりウマかった! でもそれだけじゃない【京都】

どうですか。旬の味覚がぎっしりとはこのこと。イチジクのサンド 864円(6月の出始めは 1,080円)

老舗フルーツパーラーのフルーツサンドがやっぱりウマかった! でもそれだけじゃない【京都】

こうやって並べてみると、天国みたいですね。うーん。(でも一人で全部は食べられず、お持ち帰りしました)

年中あるのは、ゴールデンパインサンド、静岡マスクメロンサンド、パパイヤサンド。そんなたくさんの種類のサンドやロールケーキなどの洋菓子は、本店のみ、お持ち帰りが可能です。

老舗フルーツパーラーのフルーツサンドがやっぱりウマかった! でもそれだけじゃない【京都】

ずらりと並ぶフルーツが圧巻ですね。

老舗フルーツパーラーのフルーツサンドがやっぱりウマかった! でもそれだけじゃない【京都】

フルーツサンドにゼリーに葛あられもテイクアウトOK。

老舗フルーツパーラーのフルーツサンドがやっぱりウマかった! でもそれだけじゃない【京都】

本店の果物店では基本的には贈答用のちょっと高級なフルーツが並んでいます。

時代は変わっても、果物をプレゼントとしていただいた時のうれしさは変わりません。人気なのはやはりメロンだそうです! 温室で年中手に入るということもあるそうですが、見た目にもリッチですしね。

取材時のメロンに次ぐ人気フルーツは、季節柄、ぶどう!

果物屋さんだからこそ味わえる、この味。何度食べてもやっぱり美味しいフルーツサンドと、こちらもスゴくおすすめ、葛あられでした。

以上、甘いものでお腹がいっぱいになった現場からでした。

お店情報

フルーツパーラーヤオイソ

住所:京都府京都市下京区四条大宮東入ル立中町496
電話番号:075-841-0353
営業時間:9:30〜17:00(LO 16:45)
定休日:無休(年末年始を除く)

ヤオイソ四条大宮店

住所:京都府京都市下京区四条大宮東入ル立中町488
電話番号:フルーツパーラーヤオイソと同じ
営業時間:9:00〜18:00
定休日:無休(年末年始を除く)
ウェブサイト:http://yaoiso.com/

※金額はすべて消費税込みです。
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:松永大地

老舗フルーツパーラーのフルーツサンドがやっぱりウマかった! でもそれだけじゃない【京都】

1981年、静岡県生まれ。大学から京都に住み、早17年。出版社、大学勤務を経てフリー。唐揚げとミルクが好物です。お酒は極めて弱く、チューハイ2杯が限界ですが、酒場とアテは好き。

過去記事も読む