四天王寺(大阪市天王寺区)で1月14日、ふんどし姿で護符を奪い合う祭事「どやどや」が開かれた。(あべの経済新聞)

 四天王寺で「どやどや」

 聖徳太子が建立したと伝えられる同寺。同祭は元日に始まる仏事「修正会」の結願(最終)日に行われる天下太平・五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する恒例行事で、827年から続いているという。「どやどや」はドヤドヤと群衆する様子から名付けられた。昔は近所の人たちが参加していたが、近年は決められた中高校の生徒に限定している。

 当日の気温が5度程度でこの冬一番の冷え込みとなったが、土曜だったこともあり多くの観覧客が集まった。清風高校、清風南海高校の男子生徒約600人が紅白に分かれ、ふんどし・はちまき姿で大きな掛け声とともに入場し、六時堂の天井から降る魔よけの護符を取った数で勝敗を競った。生徒に水も浴びせられ、悲鳴が上がり、水が湯気となる様子が見られた。