秋田公立美術大学(秋田市新屋大川町)で2月11日、アートプロジェクト「AKIBI plus(アキビ・プラス)2016」の事業報告会が開かれる。(秋田経済新聞)

 「AKIBI plus 2016」の事業報告会チラシ

 地域との関わりが深い芸術分野などのマネジメントができる人材の育成などを目的に、同大の岩井成昭教授のグループが2015年から展開する同事業。

 2016年度は、「秋田市」「男鹿市」「五城目町」「仙北市角館」の県内4エリアを「芸術価値創造拠点」に定め、同大教員や美術家、地元住民、一般公募で集まった県民らが連携して地域特性と課題などをリサーチし、エリアごとにアート関連事業の企画と運営を行った。

 報告会では、秋田市に滞在して作品制作に取り組んだ美術家の岩井優さん、男鹿市でカフェを経営する猿田真さん、五城目町で地域活性化事業に携わる柳澤龍さん、滞在型アートスペースを運営する美術家の矢津吉隆さん、仙北市在住の彫刻家・佐藤励さんが登壇し、各エリアの取り組み内容や成果の報告を行うほか、エリアのネットワーク化を図ることの展望などについてトークを繰り広げる予定。岩井教授が進行役を務める。

 開催時間は14時〜16時。入場無料。