調布の布多天神社(調布市調布ヶ丘1)で9月24日・25日、恒例の例大祭が行われる。(調布経済新聞)

 旧甲州街道を大小9基のみこしが渡御する

 24日は、旧甲州街道の調布駅入り口から布田駅入り口間を通行止めにして、みこしや太鼓、山車の巡行をする行事。小島、上布田、下布田、上ケ給(仲よし祭りの会)、天神前の地区から集まったみこしに御神霊を移すための「みたまうつしの儀」を行い、とび職による木やりを先頭に、みこし大小9基、太鼓4基、山車3基、稚児行列が鳥居をくぐり、車両通行止めにした旧甲州街道を渡御する。神楽殿では翁家和助社中による大神楽の奉納演芸も行われる。

 25日には、神職と氏子代表約90人による、古式にのっとった神事「大祭式・時代行列」が行われ、巫女による「紅わらべの舞」が奉納される。古事記、日本書紀の神話を演じる「里神楽(さとかぐら)」のほか、神楽殿でかがり火と祭ちょうちんに照らされる中、薪夜神楽(たきぎよかぐら)も行われる。

 宮司の野澤康次郎さんは「今年は、調布駅南口広場が工事中で、みこしは3年前のように旧甲州街道を渡御する。1年に1回布多天神の大神様がみこしにのり、街中で氏子の人々と楽しく過ごされる」と話し、「25日の夜は、暗くなった境内でかがり火を焚いて神楽を奉納し、幽玄の世界がくりひろげられるので、是非おでかけいただきたい」と呼び書ける。

 開催時間は、24日=11時〜、25日=10時〜。24日13時〜18時は、旧甲州街道、調布駅〜布田駅周辺で交通規制が行われる。