きのこ好きによる、きのこ好きのためのイベント「ヨコハマきのこ大祭2016」が9月24日・25日、M.Mテラス(横浜市西区みなとみらい4)で開催される。(ヨコハマ経済新聞)

 PARIYAの限定メニュー「かぼちゃとキノコのミートボールグラタン」

 きのこ大祭は、きのこを見る、食べる、愛でる、きのこ好きによるきのこ好きのためのイベントで、横浜での開催は今回は3回目。主催はヨコハマきのこ大祭実行委員会。

 MMテラス1階「アトリウム」会場では、きのこ農家や生産者によるきのこの摘み取り体験・商品販売、きのこ栽培キットやきのこ狩りなどの紹介のほか、クラフト作家による、きのこをモチーフにしたアクセサリーや雑貨などの展示販売や、アート作品・写真作品の展示、ロックバランシングの石花会による石花ワークショップ「やってみよう、石キノコ!」などが行われる。

 マッシュルームトーキョーは、ジャンボマッシュルームを積み重ねてタワーを作り、積めた分だけ持ち帰ることができる「ジャンボマッシュツムツム」を実施。基準記録を超えると「ギガマッシュのプレゼント」も。参加費500円。

 横浜美術館側屋外芝生広場「グリーンシアター」会場では、きのこをテーマとした楽曲演奏やパフォーマンスなどが行われるほか、キッチンカーの出店や、野菜類を販売するマルシェが行われる。もっときのこを食べようプロジェクトのゆるキャラ「なめじろう」も参加し、トークショーや握手会を行う。

 また、MMテラスの7つのレストランが協力し、今回のために開発したきのこを使ったオリジナルメニューを2日間限定で提供する。参加店舗はレオーネ・マルチアーノ、Mano Kitchen Cafe、横須賀・佐島港 佐島水産、mm THAI、PARIYA みなとみらい店、ロティスリー・ティーズ・レイ、みなとみらい de 焼肉 DOURAKU。

 MMテラスを運営する丸紅リアルエステートマネジメントの井口福子さんは「今回のイベントでは、きのこ製造のホクトのほか複数の企業が協賛し、しいたけつかみ取り、きのこ釣り、MMテラスの隣にあるリーフみなとみらい館内のきのこを撮影して無料できのこがもらえるきのこ撮りラリーなど、お楽しみも盛りだくさん。きのこ好きにはたまらないイベント。ぜひ足を運んで欲しい」と話している。

 参加費無料。開催時間は両日とも11時〜17時30分。