松本のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」(松本市深志3、TEL 0263-39-5556)で現在、松本を拠点に活動する女性作家6人のユニット「PomPom(ポムポム)」による作品展「PomPomの巣ごもり」が開催されている。(松本経済新聞)

 使わないときに飾っておけるアクセサリー

 同ユニットは、梅川茜さん(紙)、小沢夏美さん(絵)、金井三和さん(絵、陶)、田路恭子さん(木工)、百瀬裕子さん(写真)、百瀬陽子さん(服)が2010年11月に結成。テーマの「巣ごもり」には、「冬の間、家の中で暖かくしてのんびり過ごしながら春を待つ」というイメージを込めたという。

 アクセサリーやバッグ、服、オブジェ、文具、絵画、器など約300点を展示。梅川さんは、縫い物や編み物の道具を入れる「手提げ箱」や「お茶セット入楕円(だえん)箱」などを制作した。「メンバーに『巣ごもりしたら何をする?』と聞いて、それに合わせて作った」。小沢さんは張り子の作品にも挑戦。「最初は片面だけにしようと思ったが難しくて、両面にしてつり下げるタイプに仕上げた」。春のことを思いながら制作した絵は、柔らかく明るい色合いで草花や鳥を描いた。

 金井さんは、フクロウや卵を温める様子をイメージした張り子のほか、動物を描いた器、定番となっている鳥の形をした箸置きなどを出品。「冬眠している山の中の動物などをイメージした。紙箱ともコラボできたので良かった」と笑顔を見せる。田路さんの作品は、小さな座布団が付いたブローチや、鳥かごに収納できるようにした鳥のピアスやイヤリングなど。「外出時に身に着け、帰ってきたら家の中で飾れるような、オブジェになるアクセサリーを作った」

 百瀬さんは姉妹で参加し、姉・裕子さんはアリをプリントしたTシャツや、キッチュな鳥を描いたレターセットなど、妹・陽子さんは鳥柄刺しゅうのクロスや、室内で快適に過ごせるパンツなどを用意した。「アリ=巣、というイメージが強い。鳥は自分の好きなものを描いた」(裕子さん)。「洋服は普段よりもラインが緩やかでカジュアルな雰囲気で制作した」(陽子さん)。

 同ユニットで初めて行った展示は、「鳥」をテーマにしたものだったという。「干支(えと)ということもあって、最初はストレートに『鳥』が浮かんだが、そこからコンニャクのようにグニャリとして(笑)、『巣ごもり』というテーマに落ち着いた」と陽子さん。「巣ごもりは春の季語。まだまだ冬は長いけど、春を待つ間も楽しく過ごせるアイテムを探しに来てもらえれば」と小沢さん。

 価格は、ポストカード=200円〜、ブローチ=1,500円〜、湯飲み=1,600円、モンペパンツ=6,500円、手提げ箱=7,500円など。営業時間は11時〜20時。火曜と第1・第3・第5月曜定休。1月29日まで。