洋服や靴・バッグの直しを手掛けるビック・ママ(仙台市若林区東八番丁)が仙台市内約120店舗のファミリーマートで「24h洋服お直し便」サービスを始めて1カ月半がたつ。(仙台経済新聞)

 単身世帯が増加する中、「日常的な洋服類の修繕を手軽にプロにお願いしたい」というニーズに応えるサービスとして、同社がファミリーマート(東京都豊島区)と共同で8月2日に始めた。専用ホームページから申し込むと、ファミリーマートの店頭でいつでも洋服類を発送・受け取りができるのが特徴。

 サービス開始から1カ月がたち、「24時間店舗で受け取り可能な点が好評を頂いている」とファミリーマート広報担当者。利用者層は30〜40代が最も多く、パンツの裾上げが8割以上を占めているという。

 利用にはファミリーマートで専用袋を入手し、専用ホームページから申し込みを行った上で、専用袋に服を入れて店頭へ持参。後日送られてくる見積もりメールに同意すると、直し作業が始まる。完了・店頭到着はメールで知らせ、店頭受け取りまでの目安は10日〜2週間程度。料金は、ズボン裾上げ=864円〜、ニットほつれ直し=1,080円〜などで、別途配送手数料がかかる。支払いはクレジットカード決済のみ。

 「お気に入りの服や靴などのお直しで専門店に行けずにお困りの際、気軽に利用いただきたい。お直しがきっかけで来店されるお客さまが増えれば」とファミリーマート広報担当者。「これまで忙しくてなかなか店に足を運んでいただけなかった方や初めての方にも利用いただきたい。このサービスを通して、お直しが身近な存在になれば」とビック・ママ広報担当者。共に相乗効果を期待する。

 今後宮城県での対象店舗を拡大と関東地区の展開を予定し、2017年度以降の全国展開も見込む。