品川駅近くの品川インターシティ(港区港南2)で9月22日、「東京ポッチャリコレクション」が開かれた。(品川経済新聞)

 オープニングを飾ったデブザイルのみなさん

 企画は、ポッチャリ男子向けのファッション・ライフスタイル誌「Mr. Babe(ミスターベイブ)」(徳間書店)。協賛は、9Lサイズまで洋服を展開する「サカゼン」。ポッチャリ系男性のためのファッションショーは日本初だという。

 来場者数は450人。チケットは80キロ以上で500円のキャッシュバックが行われるため、入り口に体重計が設置された。公式発表によると、来場者の平均体重は98キログラム。

 ホンジャマカの石塚英彦さんとグラビアアイドル佐藤聖羅さんが司会を務め、島田洋七さんが開催宣言を行った。モデルには一般公募で男性11人(総重量約1.5トン)が選ばれ、スーツステージとカジュアルステージの2回に分かれランウエーに登場。TKOの木下隆行さんやX-GUNの西尾季隆さん、芋洗坂係長さんが加わり、会場を盛り上げた。

 そのほか、湘南乃風のボーカル・若旦那やアイドルグループ「夢みるアドレセンス」、アイドルオーケストラ「RY's(リーズ)、ポッチャリ限定アイドル「Pottya」がライブを披露。終始ポッチャリにこだわった演出で観客席を沸かせた。

 会場に訪れた男性は「友人がモデルとしてランウエーを歩くと聞き、応援に駆け付けた。普段からは想像できないほどかっこよく歩いていてびっくりした」と話す。観客の中には、手作りうちわで登場する同僚を応援する女性の姿も。

 イベントの最後にはサカゼンの村上隆司社長がステージに登場し、「長年考えていたことが実現できてうれしい」とあいさつ。「来年は女性モデルにも登場してほしい。今後も毎年続けていけたら」と締めくくった。