◎…県総合博物館(宮崎市)の民家園・椎葉民家の壁にバイエルン州の旗とライオンの紋章をモチーフにしたエプロンが飾られている=写真。ドイツ人医師ラインホルド・ネルさんからの贈り物。

 ◎…2013年から毎年訪れるようになったネルさん。毎週土曜日に活動している市民ボランティアと交流が始まった。昨年は会えなかったが、感謝を伝えるメッセージとエプロンが置いてあった。

 ◎…言葉の壁もあって十分な意思疎通はできないが、ネルさんは毎年秋に来ることから、ボランティアたちはエプロンを見ながら「今年もそろそろ来るころでは…」と遠い地へ思いをはせる毎日だ。