正常分娩(ぶんべん)を取り扱う産科の有床診療所が県内で19年ぶりに開業された。宮崎市の産婦人科医、甲斐克秀さん(42)が今夏、同市大塚町の閉院した施設を引き継いだ。お産を受け入れる27カ所目の1次医療機関となる。医師の高齢化でなり手がいなくなることへの危機感を持ったという。医療関係者からは歓迎の声が上がる。