サッカーの第44回九州リーグ第18節は25日、熊本県営八代運動公園多目的広場などで5試合を行った。

 本県のJFC宮崎は最終戦でNIFS・KANOYA・FC(鹿児島)に1-0で勝ち、勝ち点25で初優勝した。県勢のリーグ制覇は2004年のホンダロック以来、12年ぶり。JFCは日本フットボールリーグ(JFL)昇格につながる全国地域チャンピオンズリーグ(11月、山梨県ほか)への出場権を獲得した。