県勢が3連覇を目指す第11回全国和牛能力共進会(全共、来年9月)宮城大会を前に、本番さながらに牛の優劣を競う県出品対策共進会(プレ全共、第11回全共県推進協議会主催)は27日、小林市の小林地域家畜市場であった。全国和牛登録協会県支部の7支所から予選を勝ち抜いた50頭が出場。約1500人が見守る中、牛の体形や立ち姿などが厳正に審査され、宮崎中央支所の3頭がグランドチャンピオンに輝いた。<br />