宮崎市の宮崎産業経営大(大村昌弘学長)は、同市近郊に農食関連産業や研究施設を集積させる「宮崎フードバレー」の構築を目指している。世界2位の農畜産物・加工品輸出額を誇るオランダのフードバレーを参考にしながら、本県独自のビジネスモデルをつくり上げ、県内農食産業の利益拡大を目指す。