横浜市神奈川区の大口病院で、点滴を受けた男性入院患者2人の連続中毒死事件。県内の医療関係者には「あってはならない」「信じられない」などと動揺が広がり、点滴の管理法やセキュリティー体制の強化に乗り出す病院も出てきた。