非常に強い台風18号は2日、発達しながら沖縄の南海上を北寄りに進んだ。3日夜から4日にかけて沖縄や奄美に接近。東シナ海を北上し、5日朝には九州北部地方に近づく見込み。気象庁は暴風や高波への警戒を呼び掛けている。宮崎地方気象台によると、予報円の中心を通った場合、本県には4日午後から5日にかけて近づく見込み。4日午後には風速15メートル以上の強風域に県内のほぼ全域が入り、その後、風速25メートル以上の暴風域に入る恐れがある。