台風16号による大雨で、都城市五十町の畑に縦約30メートル、横約10メートル、深さ約7メートルの穴が開いているのが見つかった。大量の雨が浸透し、地盤が沈下する「パイピング現象」が起きたとみられる。