県内で相次いで稼働した木質バイオマス発電施設によって、伐採後に山に捨てられてきた林地残材に燃料としての光が当たり、2015年の県内利用量は全国トップの約40万立方メートルに上ったことが林野庁のまとめで分かった。林地残材は伐採量の増加に伴って大量に発生しており、商品価値が生まれたことで山の新たな収入源として期待されている。