欠員に伴う西都市・西米良村区の県議補選(定数1)は7日告示され、元県議の浜砂守氏(63)と元西都市議の楠瀬寿彦氏(60)=いずれも無所属、届け出順=の2人が立候補した。16日投開票される。

 出陣式で浜砂氏は市議2期、県議3期の実績をアピール。「任期4年のうち2年ほどしかない中での県議補選。経験があり即戦力の私が西都・西米良の声を県政に届けたい」と力説した。