「観光宮崎」の新たな価値を創造しようと、県は本年度、観光地間を結ぶ沿道の環境美化に乗り出す。当初予算に「県民と築く『美しい宮崎づくり』沿道修景美化モデル事業」として総事業費7300万円を計上。7日は、宮崎市の宮交ボタニックガーデン青島でワーキンググループの第1回会合を開き、同市・折生迫地区の沿道修景を検討した。