森林の所有者や親族に無断でスギの伐採の届出書が宮崎市に提出され、受理されていたことが、市や関係者などへの取材で7日、分かった。届出書には既に死亡している所有者の氏名や押印もあったことが判明。受理後、所有者の親族が知らないうちにスギが伐採(森林面積2千平方メートル)されていたことから、市は盗伐の可能性が高いとみている。