県内は11日朝、各地で秋の深まりを感じさせる寒さとなった。高千穂町押方の国見ケ丘(513メートル)では風物詩の雲海が姿を現し、神々しい光景に多くの観光客が見入った。