宮崎北中(甲川登茂子校長、173人)の1年生59人は、宮崎市北地区に伝わる「上北方なぎなた踊り」を23日、同校である文化発表会で初披露するため練習に励んでいる。5月に始まった総合的な学習の時間に踊りのことを知ったのがきっかけとなり、地元の保存会から指導を受けている。生徒らは「勇ましくて、踊りきったら元気になる」と楽しそうに習得に取り組んでいる。