リオデジャネイロ五輪で活躍した宮崎市出身者3人の功績をたたえようと、同市は14日、柔道男子日本代表の井上康生監督(38)に市特別栄誉賞を授与。女子ゴルフの大山志保選手(39)と男子サッカーの興梠慎三選手(30)に、市栄冠賞を贈った。

 特別栄誉賞は栄誉賞を受けた後に、顕著な業績があった個人・団体を対象に新設し、井上監督が第1号。授賞式は、井上監督を輩出した同市・大宮中(山根研一校長、502人)であった。