「1票の格差」が最大3・08倍だった7月の参院選は憲法違反だとして、宮崎、鹿児島両県の有権者が選挙無効を求めた訴訟の判決が19日、福岡高裁宮崎支部(西川知一郎裁判長)で言い渡される。