アンジェリーナ・ジョリーの弁護士が、ブラッド・ピットに対して離婚申請を行ったことを発表し、各メディアが大騒ぎになっている。

AP通信によれば、アンジェリーナの弁護士ロバート・オファーが9月20日、離婚申請についての声明を発表。離婚の理由については、「家族の健康のため」と記してあり、「彼女はこれ以上のことはコメントしませんので、家族のプライバシーを尊重していただきたい」と書かれている。

また、このニュースをスクープしたTMZ.comによれば、アンジェリーナの離婚申請は、ブラッドによる子供たちの育て方が原因で、「ブラッドの子供の育て方に彼女はひどく憤慨している」と証言している関係者が複数いるそうだ。アンジェリーナは夫の大麻摂取や飲酒癖、そして怒りを抑えられない問題に悩んでいたと語る関係者もいるという。

離婚を申請する書類には、不倫や第三者の存在には一切言及されておらず、アンジェリーナが離婚を決意したのは子供の養育のためだという。またアンジェリーナは別居の開始日を2016年9月15日と書いているそうだ。

アンジェリーナとブラッドは2004年に交際を始め、2014年8月に結婚した。2人の間には3人の養子と3人の実子、計6人の子供がおり、アンジェリーナは子供たちの親権を求めているという。

離婚協議でアンジェリーナの代理人を務めるのは、凄腕離婚弁護士として知られ、最近ではアンバー・ハードとの離婚騒動でジョニー・デップの代理人を務めたローラ・ワッサーだという。【UK在住/MIKAKO】