ジャスティン・ビーバーとソフィア・リッチーが短い夏のロマンスに終止符を打ったというニュースが流れたばかりだが、関係者によれば、破局理由は「ソフィアがジャスティンに熱を上げすぎて、ジャスティンのほうが鬱陶しくなってしまったから」だという。

E!Newsによると、そもそも2人は真剣に交際するつもりはなかったそうで、「正式に付き合っているわけではなく、ただ一緒に時を過ごして、楽しんでいただけでした」と関係者が語っているという。

「ただ、2人はすごく暑苦しい関係になっていって、重く感じられるようになったので、ジャスティンが冷却期間をおきたいと思ったようです。なんとなく、自然に別れた感じです」と関係者は話している。

別の関係者は、「メディアに追われ続けたことが交際の妨げになった」と証言しており、「彼らは今でも友人ですし、これからも交際する前と同じような感じで交友が続くと思います」「でも、もうロマンスではなく、単なる友人同士ということを強調しています」と語っている。【UK在住/MIKAKO】