アンジェリーナ・ジョリーが、ブラッド・ピットと離婚を決意した理由について、長男マドックスに対する暴言及び暴力があったためとされている。

ブラッドの虐待容疑に関しFBIの捜査が行われているという報道を受け、ブラッドはジョニー・デップと似たような窮地に立たされているが、世間の反応はジョニーのとき以上に冷ややか。アンジェリーナが離婚を発表した直後と同じように、ブラピ擁護派が圧倒的に多い。理由についてはアンジェリーナの別居、離婚に至るまでたった5日間という決断の速さがあげられている。

ソーシャルメディアでは、「ブラッドは、交際当初からすでに養子として迎えていたマドックスをダシに利用された」「ブラッドは、マドックスというエサでアンジーに釣られ、そのエサを理由に捨てられた」という意見が多い。

その前提のもとで、「ブラッドが子供たちに厳しいのは有名な話。しかしアンジーがあまりに子供たちを自由にさせすぎて、彼が怒らなければ統制をとれなかったのでは?」「怒っても、ブラッドは暴力なんか絶対ふるわないはず」とブラッドの教育方針には賛同者が多い。

また、「たった1回の虐待で離婚するはずがない。子供をダシに使って、いらないからポイ捨て」「アンジェリーナが目指すのは政治家。欲しいのは子供だけ」「アンジーこそ、精神科医に見てもらった方がいいと思う」「アンジェリーナは精神異常者」といったように、今回もアンジェリーナを非難する声が多数寄せられている。

「アンジーの毒牙にかかって気の毒だけど、例外はないってことだね」「ブラッドも最初からわかっていたのでは?」「ブラッドはジェニファー・アニストンを捨てたのが運のつきだった」というブラッドの選択が間違いだったという声もある。しかしこれだけ世論がブラッド擁護に傾くと、心配なのはアンジェリーナの怒りだ。

アンジェリーナがジョニーの元妻アンバー・ハードのように、しれっと暴力ビデオを世間に流出しないことを祈るばかりだが、アンバーと違ってアンジェリーナはハリウッドで最もパワフルな女性。証拠なしに裁判に挑むとは考えにくく、恐ろしい限りだ。【NY在住/JUNKO】