9月24日に東京将棋会館で行われた「第5回J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会」の表彰式イベントに、映画『3月のライオン』(前編・3月18日公開、後編・4月22日公開)で主演を務める神木隆之介が登場。神木に“アマ初段免状”が授与されることが決定し、サプライズでの発表に神木が「え!?オレですか!?」と驚きの声を上げた。

羽海野チカによる大人気コミックを実写映画化する本作。孤独を抱えた17歳の棋士・桐山零が、同じ下町に住む3姉妹を始め、温かな人々との出会いや数々の対局やを通して再生していく姿を描く。イベントには、日本将棋連盟会長の谷川浩司、女流五段の矢内理絵子も出席した。

プロ棋士を目指す強豪から、始めたばかりの初心者まで、小中学生約1300名が参加する本大会。優勝者には埼玉代表・伊藤誠悟さん、準優勝には横浜代表・宮越雅大さんが決定した。

この日プレゼンターとして登場した神木は、2人に「今日はお疲れ様でした」と声をかけた。そんななか司会から、日本将棋連盟より“アマチュア初段”の段位が与えられることが伝えられ、あまりの突然の発表に、神木は「え!?オレですか!?」と動揺。

谷川会長から、しっかりと得意戦法を身につけ、ハンデ付きながらも有段者との対局でも勝利した経験もあることを讃えられた神木。さらに谷川会長は「非常に手つきが素晴らしいということと、小さな頃から芸能界で活躍されているので、指導を受けている時の集中力が素晴らしかった。初段の免状をお渡ししたい」と授与の理由を解説した。

真摯に将棋に打ち込んだ姿を評価された神木は、免状を授与されながらも、動揺がおさまらない様子。「すごくうれしい気持ちでいっぱいなんですが、まさかのことだったので。驚いている気持ちの方がいっぱい」と胸の内を明かし、「ありがたいものをいただきまして。もっともっと将棋を勉強して、いろいろなことをもっと知っていきたい」と将棋へのますますの意欲を話していた。

また優勝者の伊藤さんには、神木から『3月のライオン』特別賞として、劇中の将棋の駒音に使用される権利“駒音出演権”が贈呈される一幕も。初段の免状を受けた神木とこの日の勝者が、たくさんの拍手とフラッシュを浴びていた。【取材・文/成田おり枝】