アンジェリーナ・ジョリーが、ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールの浮気を疑って離婚に至ったと伝えられている件で、ブラッドはウソ発見器を使って身の潔白を証明しようとしていたらしい。

アンジェリーナは、ブラッドとマリオンの様子を見張るため、『マリアンヌ』(2017年2月公開)の撮影先で探偵を雇ったといわれているが、「アンジェリーナは、どんな女性であってもとにかくブラッドに注目されるのは嫌なんです。世界で最も美しい女性の1人であるにもかかわらず、とても嫉妬深いですし自信がないのです」

「マリオンとブラッドが接近しすぎていることについて、ブラッドとアンジェリーナの間では相当ケンカがあったようです。ブラッドは『自分たちの間には何もない』と主張し、『疑いを晴らすためなら何でもする』と言っていました。ブラッドは自分の言っていることが正しいのかどうか、ウソ発見器で証明したいとまで提案したんです。しかしアンジェリーナはその提案を拒絶しました。彼女は、2人の浮気を確信していましたから」とデイリー・エクスプレス紙に2人の関係者が語っている。

またブラッドは、今月14日のプライベート・ジェット機内で起きた長男マドックスとの一件について、FBIから虐待容疑で起訴される可能性がなくなったことで少し安心したようで、「難しい状況であることはわかっていますが、ブラッドはアンジェリーナと子供たちと上手くやっていくために現在も望みは捨てていません。ブラッドはアンジェリーナの父親ジョン・ヴォイトと連絡が取れたようで、彼が懸け橋になってくれることを望んでいる」という。

しかし、1度は断絶していたアンジェリーナとジョンの関係は現在良好とはいえず、没交渉となる可能性が高そうだ。【NY在住/JUNKO】